ビジネスローンの審査の基準は厳しい?

ビジネスローンの審査は、銀行の場合にはかなり厳しいようです。(ビジネスローンの審査はどんな感じ?)銀行は基本的には法人しか対象にしておらず、個人事業主は借りられないことが多いです。事業年数は最低でも3年は必要であり、過去3年くらいは黒字が続いていることがほぼ条件になっているという意見があります。同じ黒字であっても、1000万円、800万円、600万円というように、収入が下がっている場合には悪いイメージが持たれます。逆に、600万円、800万円、1000万円というように順調に利益を増やしている場合には、審査に通る可能性が上がるようです。消費者金融のビジネスローンでは、銀行ほど審査は厳しくなく、事業年数が1年以上あれば可能性があります。赤字になっている場合には難しくなりますが、それだけで審査落ちするということはないようです。例えば、節税のために赤字になっているだけの場合や、経営者自身に返済余力がある場合、土地などの不動産がある場合などには、赤字でも借りられる可能性があります。

無担保・無保証で借りられることも、消費者金融のビジネスローンの特徴です。銀行の場合には原則として経営者が連帯保証人になる必要があり、場合によっては土地などの担保が必要になります。そのため、審査にはかなり時間がかかる傾向があります。一方で、消費者金融のビジネスローンなら無担保・無保証なので、早ければ2日~3日程度で融資が実行されます。ビジネスローンといえば、最初にお金を借りたら、後は毎月返済をしていくだけのタイプが多いですが、ローンカード型のものも存在しています。ローンカード型のビジネスローンなら、カードローンのように限度額の範囲内で自由に追加融資を受けることができます。どちらのタイプにするのかによって、審査の基準も異なってきます。ローンカード型のほうはスコアリング審査がされるので、融資までのスピードが速い半面で、赤字の場合にはその時点で落とされてしまうなど、柔軟性がありません。赤字であっても相談をしながら柔軟な対応をしてもらえるのは、一般的なローンタイプのほうになるでしょう。

 

ビジネスローンを銀行で借りるためのハードルは高い

銀行でビジネスローンを借りる時に1つのハードルとなるのが、用意する書類です。決算書や確定申告書が必要になりますが、最低でも2年分は用意する必要があるでしょう。年間あたりの利益が500万円、600万円と順調に伸びている場合には好印象を与えられますが、逆に600万円、500万円と下がっている場合には不利になるかもしれません。その他、印鑑証明書、納税証明書、税務申告書、登記事項証明書、事業計画書、収支計画書などが必要になります。銀行によって必要書類は異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。銀行の事業融資では、基本的には法人を対象としています。個人事業主を対象にしているビジネスローンを探しているなら、消費者金融のほうがおすすめです。

銀行のビジネスローンは、融資額が最大で5000万円となっているところもあれば、最大で1億円となっているところもあります。高額な融資を行うことには銀行側のリスクが高いので、複数の連帯保証人をつけることを求められたり、土地や建物を担保に入れることを求められたりします。基本的には会社の経営者が連帯保証人になりますが、代表取締役2人~4人くらいを連帯保証人につけるケースもあります。審査はかなり厳しく、事業年数が最低でも3年は必要になるでしょう。黒字になっていることはある意味で絶対条件であり、赤字になっている場合には基本的には融資は受けられません。しかし、赤字になっていても、節税のために利益を減らす努力をしているだけであり、実際には黒字であるという場合などには、例外的に融資を受けられることもあります。このように、銀行のビジネスローンはハードルが高いので、経営がうまく行っている時に申込みをしておくということが重要になるでしょう。経営状況が悪化してから銀行のビジネスローンに申込みをしても、断られる可能性が高くなってしまいます。100万円程度のお金を手軽に借りたいのであれば、消費者金融のビジネスローンを選ぶという手もあります。

即日で融資を受けれるビジネスローンの選び方

事業ではいかに資金をうまく回すことが非常に重要な課題になります。キャッシュフローが悪化することによって、黒字なのに倒産してしまうことだってあるからです。そこで悪化したキャッシュフローを補うことができるビジネスローンに注目してみましょう。ビジネスローンは銀行や消費者金融で契約することができます。しかし即日で融資を受ける場合は対応している金融機関を選ばなくてはなりません。銀行の場合はさまざまな書類が必要になり、審査もそう簡単なものではありません。地銀のビジネスローンの場合は、その銀行が営業をしている区域内で事業をしているなどの条件も加わります。金利が低い点がメリットですが、急いでいるときにはあまり向いていないでしょう。しかし消費者金融の場合は、急ぎで融資を希望している場合でも対応してもらうことが可能です。

実は消費者金融のビジネスローンは、一般のカードローンとそれほど大きな違いがありません。違う点は、事業性資金として利用ができ、総量規制対象外という点です。審査に事業を証明するための書類や事業計画書が必要になりますが、難しいフォーマットではないためその日のうちに用意することも簡単です。事業を証明する書類は、取引先からの発注書で問題ありません。メールの内容だけでは不可となってしまいますので、きちんと紙で残しておきましょう。また、収入を証明するための書類が必要になることもあります。総量規制の対象外となることによって、年収に関係なく融資をしてもらうことができます。ハードルの高い銀行系ビジネスローンの契約を目指すよりも、消費者金融で契約をし、限度額アップして金利を引き下げていくのもよいかもしれません。利息を経費にできるのもビジネスローンの大きな魅力です。経費にすることで節税にも対策になります。大手の消費者金融には、このような個人事業主向けのローンを、一般のカードローンとは分けて提供しているところが増えてきました。

適用されることになる実質年率は…。

 

数日以内に一括返済するだけの収入が入るけれど、当座のお金が足りないので、短期的な融資を希望するという方は、無利息サービス期間のあるカードローンを利用してみると便利だと思います。お金を返す場面でも、銀行カードローンは手間が掛からないと言われています。そのわけは、カードローンの返済をする時に、提携先銀行のATMはもとより、コンビニATMからも返せるからなのです。どのようにして貸し倒れを排斥するか、あるいは、そのリスクを低減させるかを重視しているわけです。従いまして審査を実施する時は、過去の信用情報が心強い味方になると言っても過言ではありません。誰でも知っている金融機関の関連金融業者で「No!」と言われたのであれば、反対に小規模のキャッシング業者に依頼した方が、審査にパスする可能性は高いのではないでしょうか。

アイフルは、各種メディアでも有名なキャッシングローンを主軸にしている業者です。当然のこと、即日キャッシングを利用できる信頼のおける大手のキャッシングサービス業者だと言えます。勿論、無利息で借り入れをさせてくれるのは、所定の返済期日までに貸付金を返せるということがまず条件となります。給料など現金が手に入る日にちを計算に入れて、返済が可能な額のみ借り入れることにしてください。銀行という金融機関は、銀行法に則って営まれていますから、総量規制に関しましては考慮する必要がありません。という訳で、主婦や主夫の人でも銀行が提供しているカードローンを有効に活用したら、借りられます。無利息キャッシングにて借り入れる場合に、消費者金融により異なりますが、初回の借入の時だけ30日間無利息で「融資可能!」というふうなサービスを提供しているところもあるのです。パソコンであるとか、プラス携帯電話とかスマホさえあれば、あなた自身が自動契約機まで行かずしてキャッシングを利用する事は可能です。その上、自動契約機で手続きしなくても、銀行振り込みにより即日融資も十分可能です。

キャッシングが必要な時に、迅速さを優先したいなら、「消費者金融、しかも大手」を選定するようにしてください。銀行カードローンで申し込みを入れても、急ぎで貸してもらうことはできないからです。審査に必要な時間もわずかですし、使える即日キャッシングサービスも行っている消費者金融系キャッシング会社は、我が国において日増しにニーズが高くなっていくのではないかと考えます。適用されることになる実質年率は、申込者の信用如何で違うとのことです。高額が入り用の時は、低金利カードローンを確かめた方がいいでしょう。しっかりプランを立ててやりくりしていたとしても、月末など給料日の前はどういうわけか出費の機会が多くなります。そのような大変な時に、速やかに現金を手にできるのがキャッシングですね。即日融資で貸してもらうのであれば、絶対に審査の対象となる各種書類を準備していかないといけないのです。身分証明書は当然として、月収や年収が載っている書類のコピーなどが要ります。融資を受けると言うと、カッコ悪いという様な印象があるというのは事実ですが、マンションなど金額の高いものを買う時は、ローンを利用するのではないでしょうか?それと同一だと考えます。