トレードの基本であり極意「トレンドの方向へポジションを持とう」

トレードの基本であり極意「トレンドの方向へポジションを持とう」

トレードの基本であり極意「トレンドの方向へポジションを持とう」

トレードの基本は、トレンドに乗ること。もう、これに尽きます。
なにもローソク足の云々が分からなくても、複雑で難しいインジケーターが分からなくても、トレンドに乗る、というただこの1点だけを忠実に守れば、利益をうまく出していける可能性があります。それくらい、基礎の基礎であり、かつ真髄・極意でもあります。
FX初心者が一番やりがちなこと。それは、逆張りです。
チャートを見ていて、どんどん値段が下がっていきます。さらに下がります。そして、ちょっと下がり方が一段落したのを見て、「あ、もうこれだけ下がって、足踏みしているから、そろそろ上がるんじゃないかな」
そう思って、そこで買ってしまうのです。
大抵は、そこからさらにまた下がり始めて大損をするのです。
なぜ、人は、このような事をしてしまうのでしょうか。

 

それは、人間の心理的に「逆張り」の方が、「順張り(トレンドに乗る)」より、ストレスが少なく上手く行く気がするからなのです。
チャートが一番下まで下がって、そこで買い、その後チャートが上がり始めたら、「してやったり」と思うでしょう。とても気持ちがよいと思います。しかも、上がり始めを捉えることができたら、大きい利益も狙えるでしょう。
逆に、どんどん下がり続けるチャート。その時に人は思うのです。もし、ここで流れに乗って売りでポジションを持って、逆に上がり始めたら・・・と、人は不安になるのです。

 

しかし、極意はトレンドに乗ること。当たり前の話ですが、チャートが一方向に動いているとき、その次の瞬間、動いている方向と同じ方向へ動き続ける確率と、ちょうどそこが転換点でいきなり逆方向へ動き出す確率。果たしてどちらが高いでしょうか?
これは考えるまでもなく、前者です。

 

FXはひたすら、確率の積み重ねで勝負がきまるゲームです。
それが故に、「トレンドがあれば、そのトレンドの方向へポジションを取れ」が、まさに基本の基本であり、極意なのです。
流れに逆らわない。これを常に意識するだけで、勝率は上がるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ