順張りと逆張りのメリットデメリットとは

順張りと逆張りのメリットデメリットとは

順張りと逆張りのメリットデメリットとは

FXでの戦略の一つに、順張り逆張りというものがあります。
日頃なじみがないような言葉ですが、これらは一体どういうものなのでしょうか。
まず順張りとは、これからチャートが向かいそうな先を呼んでエントリーすることです。
一般的には、指標発表前などに、為替レートが上がっていてこのまま上がり続けるだろうというときにエントリーしておくというものです。
順張りのメリットは、たいてい順調にいけば向かう先、チャートの予測に収まるので利益がでることです。
しかしデメリットは、利益が小さくなりがちであるということです。
対して逆張りは、指標発表前に為替レートは上がっていても、これから下がるだろうと予測をして敢えて高いレートでエントリーして下がるのを待つというやり方です。
逆張りのメリットは、利益が上がれば大きくなりやすいということです。
デメリットといえば、その予測が外れる場合損益がでやすいということでしょう。
では順張り逆張りのデメリットを解消するには、どうしたらいいものでしょうか。
順張りとデメリットには、すでに上がり切っている相場では後追いしても利益が上がりにくいということですが、確実性がありそうなときにはかけるロットを増やしたりすることが解消にいいですが、少しでも不安がある相場ではやめておいたほうが無難です。
逆張りのデメリット解消には、予測と反したらエントリーの平均価格を相場とかけ離れさせないことです。
そいすることで、利益は減りますが大きな損失を受ける確率は減ります。
FXの相場は大きく分けてあがるか下がるかですが、その選択を誤らなければ儲けることができるのです。
ただほぼ動かない相場もありますので、そいいうときには我慢が必要ですし、エントリーしないという選択も持ち合わせることも大切でしょう。
時間はお金では買えませんから、相場の動きが出るときまで待機もFXトレーダーには欠かせないことです。

そしていざというときに、用意していることが大事なので相場を読む力が要ります。


ホーム RSS購読 サイトマップ